旦那の浮気証拠集めGPS

GPSを使用する

 

もしも本当に浮気の証拠をつかみたいと考えるのであれば、夫の動向を探るための調査は、自分で行うよりも、探偵に依頼するほうが、はるかに確実で安全な方法であるといえます。

 

しかし金銭面の問題もあり、やはり証拠を自分でつかみたいと考える人は少なくはありません。

 

 

そうした時に、どのような方法を実践していくことで、より安全に確実な調査を行うことができるのかを考えることは、たいへん重要なものになるのです。

 

もしも自分が行った調査によって、関係の修復が難しくなってしまえば元も子もありません。

 

自分でもできる証拠集めの一環として、探偵と同じようなことをするというのが、そもそも無理な話です。

 

 

しかし本当に探偵が使用しているような捜査のための道具が、家電量販店などでも販売されており、浮気の証拠集めを行う人から、多くの需要を得ているということも事実です。

 

 

代表的なものとしては、GPSレシーバーを使用するという小物です。

 

 

GPSレシーバーは、現在では10cm四方ほどの大きさのものが一般的になっており、バッグなどに忍ばせたとしても、それほどわかるようなものではなくなってきています。

 

そのためGPSレシーバーをバッグなどに忍ばせておき、のちに回収することで、その日一日どこに行っていたのかということを知ることができるようになります。

 

 

しかしこうした調査を自身で行うことは大変難しく、探偵はこうしたものを使用しているという知識にとどめておくほうが無難であることは言うまでもありません。

 

 

車の荷物を調べる

 

 

自分で調査を行うことができるごく限られた範囲の一つとして、自宅で使用している車があります。

 

車の中というのは意外とその人の生活環境等が反映されているものであり、浮気の証拠となるものも、発見できる可能性が高い場所でもあるのです。

 

 

たとえば車内で使用しているCDなども、普段誰も聞かないようなジャンルのCDがあれば、それは浮気の可能性を示すものと考えることもできます。

 

また車内においてある嗜好品なども、同じく自分や配偶者などの好みでないものが存在していれば、浮気の可能性を疑うことができるでしょう。

 

 

 

さらに顕著な証拠をつかむことができるのは、車のトランクです。

 

車のトランクというものは、普段から確認されることが少ないため、浮気の証拠となるものを隠しておくことができる場所として認識されているものです。

 

そのためトランク内には浮気の調査を行うために、最初に確認すべき場所であるといってもいいでしょう。

 

自分で集められる証拠GPS関連ページ

自分で集められる証拠尾行
旦那が浮気しているかもと疑いがある時自分で集められる証拠